スポンサーサイト

  • 2015.06.21 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    台湾一人旅 ぁ 2011年)

    • 2015.06.19 Friday
    • 02:47
    台北3日目


    朝ご飯を食べに徒歩で永和豆漿へ。
    地図で見る限り、ホテルからそう遠くはなく、わかりやすいところに
    ありそうだったので、地図をしっかりと事前に見ていなかったのです。
    それなのに、こっちのほうが近そうだ!と小道に入ったりしたもんだから
    当然のように道に迷う。。。
    絶対近くまで来てるはずなのに、見当たらない!!
    方向音痴な人間はわかりやすい大通りを通らなきゃダメですね...

    もう諦めて帰ろうかと思ったら



    あった!
    思ったより遠かった...朝から疲れた...
    お店は流行ってましたが持ち帰りのお客さんが多くて、店内で食べてる人は少なかった。



    どんなに疲れてても、目の前に美味しいものがあれば元気になります!
    鹹豆漿と大根餅を注文(もちろん筆談で)。
    鹹豆漿は暖かい豆乳スープ(塩味)。中には揚げパンがたっぷり入ってます。
    あっさりしてておいしい!
    大根餅もモチモチしてて、素朴な味でおいしい!
    しかし1人で食べるには量が多すぎる!!!食べても食べてもまだまだ残ってる。。。
    朝から沢山食べれる私でも、さすがに食べきれませんでした。
    写真で見るとそんなに量があるようには見えないかもですが、鹹豆漿はどんぶりサイズです。
    値段は忘れちゃったけど、鹹豆漿と大根餅で50元くらいだったかな?
    大根餅って、日本で食べると高いのに、現地で食べるとこんなに安いのかーって
    びっくりしながら食べました。



    帰り道は行きと違う道を通ったんですが、そこは古き良き街並みでした。
    台北って近代的な建物もたくさん立ってるけど、まだまだ下町っぽさが
    残ってるところが多いですね。
    TVで見る中国の風景みたいだ!と感動しながら上機嫌で歩いてたんですが
    よせばいいのに、見知らぬ土地で行きと違う道を通ったもんだから、
    途中で自分がどこにるのかわからなくなる...

    たぶん、進んでる方向は間違ってないはずなんだけど、今いる場所が
    わからないからどうしたもんかと、困って歩いてたら
    目の前にバス停が!
    バスのルート表を見てみたら、ホテル前のバス停に向かうバスがあったので
    バスに乗ってみることに☆
    行きはあんなに時間かかったのに、バスに乗ったら一瞬でした。
    バスって便利で楽ちん♪


    ホテルに戻り、サンルート台北をチェックアウトし、タクシーに乗って
    サンルート台北→天成大飯店(コスモスホテル)に移動☆
    2泊3日はサンルート台北でしたが、残りの1泊は違うホテルにしました。
    移動はちょっと面倒ではありますが、口コミが好評価だった天成大飯店に
    泊まってみたかったし、帰国便が朝便なので、空港バスの始発駅の台北駅付近に
    泊まったほうが楽かなと思って。

    天成大飯店は思ってたよりも立派なホテルでした!
    サンルート台北がビジネスホテルだったので、豪華に見えた。
    ホテルの扉を開けると、スタッフの人に突然中国語で話しかけられたので
    英語で「日本人だから中国語はわかりません」って答えると、そのまま英語で
    話された。このホテルでは日本語は思ってたよりも通じないっぽいな。

    とりあえずフロントで荷物を預け、次に目指すはどの台北ガイドブックにも載ってる
    有名な観光地の龍山寺!
    MRTに乗って、龍山寺駅へ。
    駅から出て、龍山寺に向かうまでの道では、お供え物の花やお菓子を
    売る人がたくさんいました。



    おぉ、TVで見たことある!建物の色使いがTVで見るよりも鮮やかで綺麗。



    おぉ、TVで見たまんま!!
    お祈りしてる人がたくさんいます。
    沢山の人が御供えも持って、お祈りしてるので、お供え物もすごい量。
    ふと気づくと、お供え物の食べ物を持って帰ろうとしてる人が!!!
    泥棒か???と思って、よくよく見てみると...あれ?違う...

    お供えを持ってきた人が、お供えした後に自分で持って帰ってる!

    どうやら、お供えした後はそのまま持って帰っていいみたいです。
    もちろん置いて帰ってもいいようで、それは持って帰りたい人がいれば
    持って帰っていいみたい。
    食べ物腐らないし、ゴミも少なくて済むし、自分の食べたいものお供えしたら
    結局自分でそれを食べられるわけだし、無駄がなくて良いシステムですねぇ。

    まだ全然お腹は減ってなかったんですが、台北でかき氷が食べてみたかったので
    龍山寺のそばにある、龍都氷果専業家に寄りました。
    ガイドブックなどには超人気店と書いてあったけど、さすがに午前中から
    氷を食べる人は少ないのか、お客さんは2組くらいしかいなかったです。
    メニューが山ほどありましたが、名物を食べなきゃな!ってことで八宝冰を注文。



    あぁ...これまた結構なボリューム。
    八宝冰という名前の通り、8種類も具が氷の上に乗っています。
    小豆、金時豆、緑豆、ピーナッツ、タロ芋、白玉、芋丸、脆圓。
    まぁ、つまりは豆と餅がいっぱい乗っています。すごいボリュームです。
    食べてみて、すぐ気づいたんですけど...よく考えたら私は
    甘い豆が、さほど好きではない。。。
    小豆は好きなんですけど、粒あんより断然こしあん派。
    たぶん美味しいんだろうけど、そんなに甘い豆が好きじゃない私には
    食べるのがしんどかったです。お腹も減ってなかったし。(完全にメニューの選択ミス)
    メニュー見てみたら、4種類の具のとか、マンゴー氷とかあったので
    そっちにしたらよかった...
    でも、ちゃんと完食しました!さすがにモチモチした食べ物はもういらない...って気分になったけど


    お腹いっぱいだったんですけど、私の旅のしおりには「昼食」と書いてあるので
    永廉街まで小龍包を食べにタクシーで向かいました。
    永廉街で小龍包といえば、鼎泰豊が有名なんですが、鼎泰豊は初日に食べたので
    違うお店に行きました。
    私はどうしてもやってみたかったんです。小龍包の食べ比べを!
    本当に鼎泰豊が一番美味しいのか?を他の店のと食べ比べて自分の舌で
    確認したかったのです。
    ということで、永康公園のそばにある「金鶏園」というお店に行ってみました。
    店頭ではたくさんのお兄さん(=料理人)たちが飲茶作ったり、スープ作ったりしてます。
    すごく庶民的なお店。私が日本人だとわかると、「いらっしゃいませー」と笑顔で
    言ってくれました。
    食べるところは二階にあって、一階とは全く雰囲気が違って、とって小綺麗で広い。
    店内は地元のお客さんで大賑わいでした。
    日本語メニューもありましたよ♪


    注文したのは、小龍包(80元)と玉子スープ(たしか40元)。
    もう、目の前に出てきた瞬間、完食するのはあきらめました。
    小龍包もスープも量が多いよ... でも美味しそう!!!


    鼎泰豊のよりも、だいぶ大きいです。
    8個で80元って安いなー。(この時のレートで200円くらい)
    小龍包はやっぱり、汁がブチュッと飛び出るのを楽しむ食べ物ですよね。
    だから、一口で食べようとしたんです。
    でも、熱いうえに、大きすぎる!そしばらく口内で格闘したものの、
    私には一口で食べるのは無理でした。残念。
    肝心の味ですが、美味しい!スープも中にたっぷり入ってる。
    とっても肉肉しい。お肉好きにはたまらないと思います。

    でも、私は.....肉が嫌い。←え?

    ミンチは食べられるので、小龍包なら沢山食べても大丈夫だと思ってたんですが
    ミンチを一気に食べると、やはり肉の塊。
    最初は美味しいと思ったけど、お腹がいっぱいだったことも重なって
    だんだん食べるのがしんどくなってきた...
    よくよく考えたら、肉嫌いの私に小龍包の食べ比べなんてしようと思ったのが
    間違いだ!!
     ←気づくのが遅すぎる
    ということで、いろんな店を巡り、台湾で小龍包を食べ比べして一番おいしい店を決めようと
    思っていた夢は儚く散りました。。。


    と....ここまでの内容を2011年12月に下書きし、続きを書かずに気づけばもう2015年(笑

    3年以上前の記憶はいまいち覚えていないので、ここから先は急に適当レポと化します、ご了承を。

    続きを読む >>

    台湾一人旅 

    • 2011.11.20 Sunday
    • 03:04
    お久しぶりです。
    前回更新したのが半月以上前でびっくりしました。
    自分ではそんなに休んでるつもりが全くなかった.....
    書かないことが普通になりすぎて、書いてないことに気づかなかったみたいです。



    先週韓国旅行に行ってきました。今までの旅行で一番楽しかったです。
    韓国旅行で一度もイライラしなかったのは今回が初めて。
    友達と現地集合&1人宿泊が私にはベストのようです。
    1人の時間がちゃんとあれば、イライラしないみたい!


    今回の韓国旅行では

    ホイさんのベテランならではの余裕と笑顔に堕ち
    マイネイムの日々成長する姿に感心し、ぽっぽに萌え
    スンギの爽やかすぎるロックスタイルにツッコミ
    ノウルとヨンジェさんの歌声に感動し
    インピニのレベルの高さとドンウの腰使いに大興奮し
    ワンガのカムバに心躍るペンを見て、ほっこりし
    まぼべそんの城と Show me your loveのメリーゴーランドにはしゃぎ
    お洒落カフェにも行って、美味しいものも食べて

    とても充実した旅になりました!


    韓国旅行のことも書きたいんですが
    忘れないうちに、台湾旅行のレポの続きを先に書きます。




    続きを読む >>

    台湾一人旅 

    • 2011.10.27 Thursday
    • 04:40
    <2日目>


    朝起きて、ホテルのそばにある朝市に徒歩で行ってみました。
    商店街を抜けると、ちらほらと屋台があって地元の人でそれなりに
    賑わってました。
    でも、これといって食べたいと思えるものがなかったし、屋台の食べ物を
    食べる勇気も湧いてこなかったので、3パックで100元で売ってた果物を購入して
    ホテルに帰って食べてみました。



    キウイとドラゴンフルーツ(たぶん)と、リンゴみたいな梨みたいな触感の
    謎の果物。
    どれもそれなりに美味しかったんですが、前日に百果園で食べた果物が美味しすぎたので
    いまいち満足できず...

    朝ごはんを食べた後は忠孝復興駅前のバス停に向かいます。
    目指すは九分です!
    九分は台北から少し距離が離れている(バスで一時間半くらい)ので
    有料ツアーに申し込もうかな?という考えがよぎったともありましたが
    それじゃ一人旅の意味がない!と考え直し、結局バスで行くことにしました。
    初めて行く国で路線バスに乗るなんて、当然不安もいっぱいだったので
    九分に行った人のレポを20人ぶんくらいは読みました。
    ガイドブックより、実際に行った人の話のほうが参考になることも多いです。
    あきらかに観光客って雰囲気の人が沢山いるので、その人たちが並んでるところが
    九分行きのバス停

    という予習通り、バス停前にはカメラを持った観光客っぽい人がたくさんいた!
    バスはまだ来なさそうなので、コンビニでパック入りのコーヒーを買おうとしたら
    前にいた人が店頭で入れてくれるコーヒーを買っているじゃないですか。
    こっちのほうが美味しそうだ...
    パック入りコーヒーを買うのをやめ、店頭でオーダーしてみることにしました。
    困ったことにメニューにはコーヒーの種類が沢山あります。全部漢字です。
    よ...読めねー!!
    アイスコーヒーが欲しかったので、英語で言ってみた。
    店員さん、首をかしげる...
    ど..どうしよう...困った。

    でも、大丈夫です。こういう時にはどうするべきかも、予習済み☆
    こんな時は

    筆談。 

    メニューに載ってるアイスコーヒーっぽいのをそのまま漢字で書くだけです。
    日本にも漢字があってよかった。(しみじみ)

    コンビニを出て、しばらくするとバスがやってきました。
    コーヒー、まだ全部飲めてないのに!(困惑)



    台北のバスはMRTと同じく、飲食禁止なのに!!
    アイスコーヒーを手に持ちながら一時間半って.............

    鞄の中にビニール袋があったことを途中で思いだし、ビニールに入れて持つと
    こぼれても安心なのでだいぶ楽でしたが、九分にバスで行くかたは飲み物は
    ペットボトルのものにするか、バスに乗る前に飲み干してしまうことを
    おすすめします。 ん?大抵の人は乗る前に気づくって??




    バスに乗ってると、いろんな街の風景が見れて楽しい☆
    普段はほとんどバスには乗りませんが、旅先でバスに乗るのは大好きです。
    「台湾のバスは運転が粗い」といろんな人のレポで読みましたが
    韓国に比べたら安全運転です。
    とはいえ、日本に比べたらだいぶ揺れるので車に酔いやすい人は
    電車+バスで行くのがベストかなと思います。


    さて、そろそろ九份が近づいてきました。
    九份ではなく、繁華街に行くには次のバス停留所「旧道」で下車しなくてはなりません。
    予習によると
    バス停の目印はセブンイレブン。乗客が一気に降りるので一緒に降りれば間違いない
    とのこと。
    じーっと外の景色を見ていると、観光客らしき人がたくさん見えてきた!
    きっとこの駅が「旧道」なはず。
    予習通り一緒に乗っていた人たちが下車し始めたので、私も席を立ってドアまで移動☆


    あれ?半分くらいしか降りないよ?
    忠孝復興駅から一緒に乗車したマダムの団体、親子連れ、カップル、韓国人観光客...
    みんな降りない...
    ん?もしやここじゃないのか?そういや目印のセブンイレブン見えないしな...


    なんだか不安になったので、下車するのをやめ、そのまま乗り続けました。
    もし間違ってたら、反対方向に向かうバスに乗ればいいだけだし♪(楽観的)

    数分後、乗客みんながバスを降りたので、私も一緒に降りました。
    目の前にあったのは





    何これ?ここどこやねん.....
    よくわからないけど、どうやら有名な観光スポットっぽい。
    周りの人が写真撮影始めたよ。。。

    ここに辿りついたのもきっと何かの縁だな
    と気持ちをすぐさま切り替え、中に突入してみることに☆




    とりあえず、よくわからないので観光客の人の後ろをこっそり着いていってみる。



    お?ここは昔、鉱山だったみたい。




    謎のオブジェ発見。



    歩いていると、気になる文字を発見!!



    「悲情城市電影場景」って書いてあります。
    ってことは、九份だけじゃなくて、ここも悲情城市の撮影場所なのか!
    ※悲情城市はトニーレオン主演の台湾映画で、九份はその舞台になった土地として有名



    トニー様が私を呼んでいる!


    と都合よく解釈し、先に進んでみました。



    ちなみに、誰1人そっちの方向には向かっていませんでした。あれ?



    ほんとにあるのかな?と不安になりつつも進みます。



    説明書き発見。どうやら、ここらしい。
    周りを見渡してみて、ここがあの映画の撮影地なのかー!と感動してみたかったんですが
    よくよく考えてみると、「悲情城市」は中学生の頃にビデオ(←DVDなんてなかった時代)を
    借りて一度見たきりで、難しい内容で中学生が見るには重い映画だったことは覚えてるけど
    映画の風景なんてほとんど記憶にない。。。
    だって侯孝賢の映画苦手なんだもん!(言い訳)
    大人になった今なら、ちゃんと理解できるかもしれないので、今度見てみようかな。

    見知らぬ観光地でしたけど、日本式の家があったり(迎賓館だったらしい)、
    不思議な建物もいくつかあって、楽しかったです。
    眺めも良いし、観光地らしくきちんと整備もされてるので1人でも楽しいですよ!
    日本人らしき人は全然いなかったですけどね。
    後から調べたらここだったらしいです。


    さて、そろそろ今度こそ九份に向かいます。
    Easy Cardをピッとかざせばいくら払えばいいか?という心配がないのでバスに乗るのも
    簡単です。
    台湾のバスはバスに行先を書いてくれているのでわかりやすい。



    セブンイレブン、ちゃんとあるじゃん。。。
    行きの時は単に見逃しただけらしい。


    観光客の人はたくさんいましたが、思ってたより日本人は少ない。
    食べ物屋さんがいっぱいあります。


    芋圓のお店を発見したので食べてみることに。
    ※ 芋圓とは、タロイモの粉と 小麦粉を練って、お団子状にしたものらしいです。
    冷たい芋圓を注文。
    自分でトッピングを選べるんですが、何ていう名前なのか、どんな味なのかもよくわからないので
    適当に美味しそうな色のものを指差して選んでみました。
    芋園はモチモチしていて美味しい!
    ゼリーとの相性はイマイチな気がしないでもなかったですが、個々に食べれば
    なかなか美味しかったです。



    外を眺めながら食べることができます。古い街並みが今も残る街ですね。




    お店がある通りをしばらく上って行くと、絶景ポイントがありました。
    夜になるとちょうちんの灯りでさらに綺麗なんだろうなー。



    帰りは行きとは違う道を下ってみることに。
    おぉ、悲情城市の文字が!ガイドブックやテレビでよく見る場所だ!
    悲情城市の撮影場所の「阿妹茶酒館」というお茶屋さんに入って、悲情城市気分を味わう
    予定だったんですが、謎の鉱山にうっかり立ち寄ってしまったのでまったりする時間がない...
    午後に行く予定の場所でもお茶を飲むつもりだったので、悲情城市気分を味わうのは
    諦めました。



    芋圓だけでは空腹を満たせなかったので、流行ってお店に入り
    手工花枝丸麵を注文。麺入りのイカ団子スープです。
    あっさりしてて美味しい!
    ただ、スープがあっさり味過ぎて、麺にスープがいまいちからんでないかな。
    麺入りじゃなくて、スープだけにしてもよかったかな。
    結構量が多いのでお腹いっぱいになりました。
    これで50元(約130円)なんて、素晴らしすぎる!



    ちなみに、注文は用紙にチェックして渡すだけでいいので簡単です♪



    店内はオーナーと思われる叔母様の写真で埋め尽くされています。
    いろんな観光地で撮ったオーナーさんの写真が見れますよ!!
    素晴らしき自己愛ぶり(笑)



    店内には犬が放し飼いされてました。
    どの犬も人間を全く怖がらず、びっくりするほど大人しい。
    台湾って、放し飼いされてる犬が多いんですけど、どの犬も不思議なほど
    大人しかったのでびっくりしました。



    そろそろ帰ろうと、バス停に行くと何か作ってる人たちを発見。



    パイナップルケーキで有名な店みたいだったので、パイナップルケーキを
    お土産に購入。←思う壺な観光客


    忠孝復興駅行きのバスに無事乗車。
    降りる駅は終点なのでさすがに間違いませんでしたよ!(当然)
    バス代はEasy Cardで支払ったので、詳しくはわからないんですが、100元前後だと
    思います。



    忠孝復興駅からMRTに乗り、動物園駅に向かいます。
    続きを読む >>

    台湾一人旅 

    • 2011.10.21 Friday
    • 04:20
    もう一週間近く前になりますが、3泊4日の台湾旅行から無事に帰ってきました。
    韓国好きになる前は台湾のドラマや歌手にハマってた時期もあったので
    台湾にやっと行くことができて本当に嬉しかったし、初台湾だったので、
    何もかもが新鮮でとにかく毎日楽しくて仕方なかったです!
    1人で台湾に行くと決めた時に、1人でツアーに申し込みするか
    自分で航空券とホテルをとって個人旅行するかを申込み直前まで迷ったんですが
    見知らぬ人と観光地を回るより自分の好き勝手に行動するほうが楽しそうだし
    自分一人の力でどこまでできるのか試してもみたかったので、ツアーではなく
    個人旅行にしました。
    右に行きたいと思ったら右に、休みたいと思ったら休んで、食べたいと思ったら食べる。
    人の意見を聞かずに、思いのまま行動できることは本当に楽でした。
    失敗したら全部自己責任だけど、友達に迷惑をかけなくて済むのも、とっても気が楽。
    人一倍好奇心が旺盛で、いまいち協調性に欠ける私には1人旅が向いているのかもです♪
    でも、美味しいものを食べた時に「美味しいねー!」って言ったり、
    綺麗なものを見たときに「綺麗だねー!」って一緒に共感しあえる人がいないのは
    切なかったりもしましたが、その切なさはここで書いてしまえば、問題なし!!!

    ということで、興味ないかもしれませんが私のひとりごとのような
    台湾一人旅日記始めます☆


    チャイナエアラインで関空から台北へ。


    チャイナエアラインは航空券をネットで購入する際に機内食を選べたので
    肉が苦手な私は、ベジタリアン用の機内食を選択してみました☆
    機内食が暖かい!!
    韓国便では一度も暖かい機内食が出てきたことがなかったので、なんだか嬉しい♪
    野菜のあんの下には揚げた豆腐が!豆腐のあんかけだ♪
    機内食にしてはなかなかおいしい。
    左上にあるおかず(きのこと海藻のあえもの?)もおいしい!
    隣の人が食べてる普通の機内食を見ると、ごはん+おかずにパンと焼き菓子がついてる...
    私もパンと焼き菓子食べたいよー!!と思ったけど私には巡ってきませんでした。
    渡し忘れなのか、ベジタリアンには貰えないのかは謎のままですが
    特にお腹が減ってるわけでもないのに、貰えないのはなんだか悔しい。←食い意地はりすぎ

    飛行機の中で、映画を見れたので「パラダイス・キス」を見てみたんですが
    もうね、びっくりした。
    よくもまあ、こんなにつまらん映画を作れたもんだ。
    老けすぎた学生ばっかり出てくるし、突然主人公は心変わりしてるし
    夢はすぐ叶うし、むかいおさむは帽子が似合ってないし、
    きたがわけいこの棒読みっぷりがすごいし、とにかく何で映画化したのか謎で仕方なかった。
    ツッコミどころの多さでは「シベリア超特急」並みだったな。←わかる人だけわかって

    3時間ほどで台北に到着。
    日本と台北との時差は一時間なので、携帯の時計を現地時間に設定。
    まずは空港で両替。この日のレートは手数料含めて、1元=2.6円でした。

    ホテルまでのバスチケットを購入するためにバスチケット売り場へ。
    バス会社によって、カウンターが分かれてます。
    いろんな人のブログで「バスの切符売り場の人は日本語がペラペラ」って
    読んだのに、日本語が全然通じなかった。。。あれ?
    この国は日本語より英語のほうが通じるなと悟る。
    そんなわけで、カタコトの英語と筆談で無事にチケット購入。


    バス代はなんと83元。250円しないなんて、安いなー。



    しばらくバス待ち。周りを見渡しても、あんまり日本人はいませんでした。
    飛行機には日本人いっぱいいたのになぁ。日本人はツアーで行く人がほとんどなのかな?



    バスに乗ってからも、目的地で降りそびれちゃいけないから、ずーっと外を眺めてました。
    その土地の雰囲気が味わえるので、バスに乗るのは大好きです♪
    しかし、バスの運転は結構粗い。でも韓国のほうがさらに粗いかも。
    バスがちょっと古いのか、ガタガタガタガタと小刻みに揺れるので車酔いしやすい人には
    このバスは向いてない気がする。揺れがお尻に響く響く。
    外を眺め続けてから約1時間...目的のバス停らしきところに到着。
    運転手さんにホテル名を見せて、ここで合ってますよね?と無言のアピール。
    頷いてもらえたので、ちゃんと合ってる!無事に着いた!!
    ホテルは横断歩道を渡ったら、すぐそこにありました。
    サンルート台北に到着♪
    お客さんは日本人のビジネスマンだらけ、フロントの人は日本語ペラペラ。
    良くも悪くも日本にいるような感覚になります。
    徒歩圏内に地下鉄の駅が二つもあるし、近くに規模は小さいながらも朝市・夜市もあるし
    カフェ、ドラッグストア、コンビニも近くにあるので本当に便利なホテルでした。
    部屋がちょっと狭いけど、1人で使うぶんには十分。

    台湾といえば、やっぱり小龍包!ということで、小龍包の超有名店鼎泰豊に
    向かいます。
    ※初心者らしく、今回の旅ではド定番の観光地やお店ばかり巡ってきました


    まずは徒歩で最寄駅へ。




    飛のEASY CARD(日本のSuica、韓国のTマネーみたいなカード)を使える日が
    やっと来ました☆ 以前、職場の人のお友達からいただいたカードです
    さっそく、機械でチャージ。
    持ってるお金は100元札1枚と、あとは1000元札。
    なので、1000元札を入れて、500元分だけチャージしたいのに、やり方がわからず...
    ボタンを500って押しても反応せず... 仕方ないので、1000元チャージしました。
    また台北に旅行しに来なきゃな。。。



    おぉ...なんだか京都の地下鉄に似ている。二条駅とかこんな感じだもん。
    駅はとっても綺麗です。MRTでは飲食禁止なこともあって、車内も綺麗。
    しかし電車に乗った途端コンソメパンチみたいな臭いが!!!
    飲食禁止でも持ち込み禁止ではないもんね。
    ※コンソメパンチ臭がしたのはこの時だけでした

    鼎泰豊の本店は行列ができるほど人気店なうえに、MRTの駅から少し遠いので
    本店ではなく比較的空いてるらしい忠孝店に行きました。
    ちゃんと見つかるかなー?と地図を見ながら歩いてると



    意外なほどすんなり発見。忠孝敦化駅から徒歩ですぐでした。



    夕ご飯時よりちょっと早かったので(5時半くらい)、店内も空いていて
    すんなり中に入れました。
    店員さんは日本人にも慣れていて接客に必要な日本語は喋れる様子でした。
    日本語メニューもちゃんとあります。



    小龍包のハーフサイズと、エビと豚ミンチのワンタンスープを注文。
    日本の鼎泰豊でも食べたことがあったのですが、たしかに台湾で食べるほうが
    美味しい!とはいえ、感動するほどは美味しくもなく...
    隣の席に座ってた韓国人の女の子も「小龍包!!」と食べる前まで上機嫌だったのに
    食べてからは大人しかったので、期待しすぎると「こんなもんかー」って思っちゃうのかも。
    もしかしたら、本店で食べたらもっと美味しかったのかもしれないので
    次回台北に行くときは本店で食べてみたいな☆


    個人的にはワンタンスープのほうが美味しいと思いました。
    ワンタンがツルンとしてて、スープがあっさり味で美味しい♪
    お会計は255元+服務費(サービス税)26元=281元でした。
    日本円で730円くらい。鼎泰豊は決して安い店じゃないのに、安い!
    お店を出ると、日本人のツアー客と思われる人たちで行列ができてました。
    夕飯時よりちょっと早めに来ておいて大正解だったな。

    結構お腹いっぱいになったのですが、デザートは別腹です。
    次の目的地へ徒歩で向かいます。
    こんなとこに本当にあるのか?周辺にお店全然ないよ???と不安に思いつつ
    歩いてたら


    ちゃんとありました。百果園という果物屋さんです。
    店内には誰もいません...  もしやイートインできる時間は終わったのか!?と
    「ここで食べたいんですけど、大丈夫ですか?」と英語で確認してみたら
    店員さんは頷いてくれました。一安心。
    その店員さんは日本語を喋れないみたいでしたが、店内には日本語の説明があったり
    日本語メニューもちゃんとありました。
    マンゴーかき氷がおすすめらしいけど、果物屋なんだから果物たくさん食べたいなと
    思ったので、フルーツかき氷を注文。


    店内で売ってる果物は少々高めかな。日本の果物が超高い!
    でも、良い果物を扱ってるんだなーとわかるので、待ってる間も期待が
    膨らむばかりです。



    フルーツかき氷は130元。340円くらい。円高に感謝です。
    一番上に乗ってるアイスクリームは味が選ぶことができ、私はパッションフルーツに
    しました。酸っぱい果物が大好きなのです☆
    パッションフルーツのアイスは超超超美味しい!味が濃い!!
    果物もどっさり入っていて、どの果物も美味しい!いろんな果物をちょっとずつ
    食べられるので、果物好きにはたまりません。
    中央には氷が入ってるんですが、ふんわりした氷でこれまた美味しい!
    とっても幸せな気分になれました♪
    帰りに家族と自分のお土産用にドライマンゴーを買ってみたんですが
    これまた美味しかったです。
    台北にまた来ることがあれば、絶対にまた来たいお店です。



    美味しい果物を食べた後は、お茶を買うために徒歩で移動。
    本当にこんな路地にあるのか?と不安になりつつも歩いてると、無事に発見!
    方向音痴なので、ちゃんと辿りつけるか常に不安なのです。
    お友達に教えてもらった、和昌茶荘というお店です。
    中に入ると、店主と思われるおじさんが「どうぞどうぞ座って!」って
    日本語で言ってくれたので座ると、「気になるお茶があるなら言って」と
    気になるお茶を聞いてくれ、その都度、試飲させてくれます。



    私は3種類のお茶を試飲。
    押しつけがましくなく、欲しいものだけ買えばいいよーって感じなので
    お茶をガビガブ飲みながら、とっても気楽にお茶が買えました♪
    近所に住んでるおじさんもお茶を飲みに来ていたりと、とってもアットホームな
    お店だし、お値段も日本で買うよりめちゃくちゃ安い。
    日本で買うと結構高いんですよね、中国茶って。
    安いと思ってちょっと買いすぎちゃったかも(苦笑)

    結構な荷物になったので、ホテルに戻って一旦荷物を置いてから
    また移動。旅先では異様に活動的な女になります。


    駅によってプラットホームの雰囲気や作りも若干違いますね。
    MRTに乗りながら、なんだかつり革が持ちやすいことに気づく。
    楽に手が届くのです。MRTのつり革の位置は日本の電車より低い!
    背が低い私には大変ありがたい。
    そういや、台北の人は小柄な人が多い気がする。
    韓国だと、背の大きな女子に圧倒されてちょっと威圧感を感じたりするんだけど
    台北ではそれがなかった。




    劍潭駅で下車。もう10時だというのに、人がいっぱい。
    駅から横断歩道を渡れば、そこは士林夜市です!本当に賑やか。
    現地の人もたくさんいるし、海外の人もたくさんいるし、子供も学生も多いので
    夜遅くても安心して歩けます。

    食べ物から衣料品まで、いろんなお店がありますが、どんだけジューススタンドあるんだよ!と
    ツッコミたくなるくらい飲み物が売ってる店が多い。



    どの店が美味しいのかもよくわからないので、流行ってるお店で指差しでオーダー。



    杏仁の味がする甘い飲み物だよな、きっと...と、ハズレがなさそうな味を選びました。
    味は想像通り杏仁の味がして、中には杏仁豆腐のようなものも入っていて
    適度に甘くて美味しかったです♪
    でも、ストローをさすのに一苦労。
    何度さしても上にかかってるビニールを突き破らないので、「じゃあ、めくってみよう!」
    と横からめくって、ビニールをはがそうとしても、びくともせず...
    何かコツがあるのか?と周りの人をキョロキョロ見てもよくわからず。
    思いっきりストローで突き刺したら、絶対に中身が飛び散る気がするけど
    そうするしかないのか???としばらく悩んでるうちに、考えるのが面倒になったので
    勢いよくストローを突き刺してみた。

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM